ブログトップ

はい!「リー」でございます~名古屋・栄の焼酎バーから~

imolis.exblog.jp

Barでの出来事、バーマンの気持ち、お酒の紹介など・・・

<   2010年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

さて今日で11月も最終日。今月もあっという間の一ヶ月。鹿児島に行き、シティマラソンを走り、泡盛を愉しむ会を開催し、なんやかんやと色々やり充実した一ヶ月だったように思います。

昨日、新たに入荷した焼酎を紹介しましょう。

青一髪2005
  久保酒造場(長崎・南島原市 Alc44%)

e0139318_1336511.jpg


壱岐焼酎を除けば珍しい長崎県の焼酎“青一髪”。読み方が難しいのですが「せいいっぱつ」と読みます。

青一髪とは漢詩に出てくる表現で青い水平線のこと。きっと島原から見える海はきれいな青い水平線をしているのだろう。

青一髪という名の通りきれいな青のボトルに詰められている。そしてひとつひとつ手作業で施されたサンドブラストで“青一髪2005”の文字。ここに蔵元の思いが込められている。

諫早平野で収穫された原料麦ニシノチカラで醸されたアルコール度数48°の原酒を5年もの間大切に貯蔵し、今回初の試みとして44°まで加水して出荷。

実はまだ試飲をしていない。25°の青一髪は昔からよく飲んでいるが5年間ずっと大切に保管されたこの44°はどんな味わいを見せてくれるのだろうか。

きっとその名の通り、きれいな青い水平線のように爽やか且つグッとくる味わい深さを持っているだろう。

11月最終日。本日も笑顔で皆様のお越しお待ちしております。

ランキングに参加してます。
最後にこちらをクリックよろしくお願いしま~す。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン

本日も最後までありがとうございました。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-30 14:10 | 麦焼酎
気付けば11月も今日を含めてあと2日。街はクリスマスモードも色濃くなり、ちらほらと忘年会も始まり年末がすぐそこまで来ているなぁ、と感じる今日この頃。

忘年会の2次会などでリーの利用をお考えのお客様もおられると思います。(私はいると信じたい)

会費や内容などはご相談にのりますのでお考えの方はお早めに連絡くださいね。

皆様には楽しい年末を過ごしていただきたいですから。

では本日も笑顔で皆様のお越しお待ちしております。

ランキングに参加してま~す。
最後にこちらをクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-29 15:47 | お知らせ
このブログでも参加者を募っていた泡盛を愉しもう会。

昨日、開催したのですが限定15名としていたのですがあまりにも参加希望者が多く、断ることもできず結局26名での開催となりました。

これほど集まるとは思っていなかったので嬉しい限り。泡盛を好きな方がこんなにもいたんだと感激してしまいました。

今回は少し趣向を変え、アルコール度数の高い泡盛や古酒をじっくり味わってもらうことに重きを置いてみました。

水割りをワイワイと飲むのも楽しいですが、泡盛は蒸留酒だけにアルコール度数の高いものをじっくり味わうことができるのももう一つの魅力。

普段はなかなかアルコール度数の高いものには手を出さない方たちに少しでも魅力が伝わればと。皆さんしっかり味わい、愉しんでくれた様子にホッとしました。

今回も泡盛ルポライターの富永麻子さんに司会をお願いしたので私が普段話す以上に泡盛の良さが伝わったと思います。

普通では飲めないような貴重な古酒も今回は出してみました。3種類出しましたが皆様に感想を聞いてみたところ様々な感想をいただきました。初めて10年以上熟成を経た古酒を飲んだ方、飲みなれている方、表現される言葉は違えど若い一般酒とはまた違った深みを持った泡盛の古酒の魅力が皆さんに伝わったと思うと嬉しい限り。

このブログにUPしようとデジカメを用意していたのですがお客様たちと話しているうちに写真を撮るのも忘れるほど私自身も愉しんでしまいました。

香りだけで新酒・12年古酒・22年古酒を当てるクイズを余興として行ったのですが予想では2~3名だろうと思っていたらなんと7名もの正解者。あまりの優秀さに驚き!7名の方が景品の琉球グラスをゲット。

まさか7名も正解するとは・・・

それにしても皆様良い嗅覚と舌をお持ちです。良い酒はあっという間になくなっていましたね。後で飲んでみようと私が思っていた泡盛はすべて空に。またしても何種類か味見し損ねました。ほんと酒飲みの嗅覚恐るべし。

今回も大盛況のうちに終わった泡盛を愉しもう会。初参加の方も多くいつも以上に盛り上がった気がします。

お越しくださった皆様ありがとうございました。

そして今回も遥々沖縄から司会にやってきてくれた富永さん、泡盛を提供してくれた津波古酒造さん本当にありがとうございました。

これを機にまた泡盛ラバーズが増えたらいいなぁ。。。

ランキングに参加してま~す。
最後にこちらをクリックお願いしま~す。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン

最後まで読んでくださりありがとうございました。
皆様のお越し笑顔でお待ちしております。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-28 17:50 | 焼酎バー リーにて
昨日UPしたさつま寿の新酒「旬」の入荷。

旬の入荷に伴いしばらく切らしていた“さつま寿”と“神座(かみくら)”を再入荷しました。

特に“さつま寿 旬”が出た今の時期にさつま寿と飲み比べると面白いと思います。

新酒の“旬”と時間を経て練れた味わいになった“さつま寿”の違いを感じていただければ。

多少、濾過の具合など条件は違うものの根本は同じもの。それでも違いははっきり出ていると思います。

“さつま寿 旬”は今の時期限定なので飲み比べてみたい方はお早めに。

ランキングに参加してます。
最後にこちらをクリックお願いしま~す。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン

最後まで読んでくださりありがとうございます。

本日も皆様の楽しいひと時のために笑顔でお待ちしております。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-26 14:56 | 芋焼酎
さつま寿 旬

   尾込商店(鹿児島・南九州市 Alc.25%)

e0139318_1202365.jpg


毎年この時期恒例となっているさつま寿の新酒が入荷しました。

ここ何年かは試行錯誤を繰り返している感が伝わってくる味わいで美味いのだがどこか物足りなさ、頼りなさを感じさせていたが今年はそこから一歩突き抜けたように感じる。

香り・味わいともにかつて感じた物足りなさ、頼りなさは影を潜めしっかりとしていて且つ落ち着きも持ち合わせる。

しっかり味わえながらもホッと落ち着く。

ポンと肩を叩かれ、「お疲れ様」そんな言葉を掛けられているかのような優しさが伝わってくる。

良い酒質を持った焼酎に共通することだが飲み方を選ばない。お湯割り・水割り・ロックどんな飲み方でも芯にある部分が崩れずブレない。

個人的にはお湯割りが秀逸だ。口いっぱいに焼いものようなほんのり焦げた味わいが広がりの直後に程よい甘みが押し寄せる。その甘みもゆっくりとそして綺麗に切キレていく。

その優しさ故に飲み終わった後にもうひと口、もうひと口と飲みたくなる。

新酒ながら粗さもなくスルリと入っていく。クセになりそうだ。

さて、新酒なので当然ながら今が旬。「さつま寿 旬」を旬なうちにどうぞ。

尚、数量限定なのでお早めに。

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
最後にコチラをクリックよろしくお願いしま~す。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-25 12:31 | 芋焼酎
このブログ上ではエントリーできなかったとなっていた名古屋シティマラソン。

実際、エントリーできなかったのだがエントリーした方の代わりに参加できることになりました。

で、昨日名古屋シティマラソン走ってきました。しかもマラソンなど走ったこともないのにいきなり無謀にもハーフマラソンを。

まず結果はと言うと・・・

時間制限のためのゲート封鎖により約9キロ地点で強制終了。

残念な結果となりました。

しかし、練習でも走ったことのない距離を走り続けることが出来たことには満足。スピードはともかくまだ走る余力は残っていたのでやや不完全燃焼な気も。

3キロ超えた時点でもうダメだ、もうダメだと思いながらも現役ランナーであるお客様からの

「下を向いて走ると前かがみになって辛くなるから100m先を見る感じで走ると良い」というアドバイスを思い出してひたすら前を向いて走っているうちに目に入ってくる

「あの信号まで頑張ろう」

「よし、次はあの歩道橋まで」

「次は吹上の交差点まで」

「吹上越えたから今池まではなんとか頑張ろう」

など少しずつ小さな目標を作りながら遅くてもひたすら走り続け気付けば9キロ地点近くまで。

そして関門封鎖のアナウンスが聞こえたのでスピードを上げようにも脚がついてこなくて後100mほどで無念の関門封鎖。

スピードは出なくても走ることはできたので残念な気分だったものの初めてここまで折れそうな心を奮い立たせ走れたことには満足。

完走は果たせなかったものの楽しく素晴らしい経験ができたなぁ、と。

でもやはり完走したかったな、とも。

まぁ、おかげで次の目標が出来ました。

まず、ハーフマラソン完走。そして後々にはフルマラソンへ。

お客様に楽しいよ、と誘われて始めたマラソン。まだ軽いジョギング程度の見習いレベルだけどまた楽しい事がひとつ見つかって良いことかな。

みんなでやったらもっと楽しいかな、と思うのでここで募集しましょう。

このブログを読んでいる方、リーのお客様で一緒に走りたい方、随時募集しています。

走った後に飲む酒の味は格別ですよ。皆さんの参加お待ちしてま~す。

昨日はお休みをいただきましたが筋肉痛ながら私はカウンターに立っております。

筋肉痛ゆえ、今週中は少々ぎこちない動きかもしれませんがその辺はご愛嬌ということでお許しください。

では本日も皆様のお越し心よりお待ちしております。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ランキングに参加してますので
こちらをクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-24 16:19 | 独り言
お知らせです。

リーで使っていた一升甕が2つ空になりました。

という訳でまたお客様にプレゼントしようと思います。

このブログを見た方だけの特典です。

ひと足早いリーからのX’masプレゼント。

2個ですからねぇ~。

早い者勝ち!

急げ~。


ランキングに参加してま~す。
こちらをクリックよろしく!
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-19 13:33 | お知らせ
新たに入荷した泡盛を紹介しましょう。

まだ、一般には市販されていない泡盛。

お客様が沖縄に行った際に仕入れていただいたものです。

来年位には市販されるとのことですが。

e0139318_15282662.jpg瑞泉 三日麹

   瑞泉酒造(沖縄本島 Alc.44°)

25°のバージョンは市販されていますが44°バージョンはまだ市販されていないとのこと。

現在では通常40時間ほど米に麹菌をかけ、米麹を造るのだが名前の通り三日かけて米麹を造る。

手間隙かけている分、深みが違う。泡盛好きな方たちに飲んでいただいたがかなりの好評価。

私もまだ若い泡盛なのにこれほどの深い味わいに舌を巻きました。

まだ市販されていないのでなくなったらそこで終了。次に入荷できるかどうか分かりません。

興味のある方はお早めにどうぞ。

本日も皆様のお越し楽しみにお待ちしております。


ランキングに参加してま~す。
コチラをクリックよろしく!
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-17 15:37 | 琉球泡盛
最近の若者は飲まない。

そんなことがよく言われる。確かに飲酒人口が減っているのは事実。

しかし、飲まない若者ばかりでもない。少なくなったとはいえ全くいなくなることも無いだろう。

少ないながらもリーに少しずつ新しい若いお客様が増えつつある。

とても良いことだ。

私よりも若いお客様たちはバーで飲むことを経験してない方も多い。

どうやって過ごしたらいいのか分からない、とよく言っている。

何もかしこまることはない。周りに迷惑を掛けないように楽しく飲む。

もしルールがあるとすればそれくらい。

普段の社会生活となんら変わることはない。

バーと聞くと少々身構えてしまうようだが酒を愉しむ場であることに変わりは無い。

だから楽しく飲めばいい。ただそれだけ。

そう言うとホッとするのかバーの雰囲気を愉しんでくれる。

昨日もそんな若い方がやって来た。最初は固かったが最後には随分とリラックスして愉しんでくれた。

パッとしない金曜の夜だったが最後に元気な若者が愉しんでくれて満足。

終わりよければ全て良し。

もっと若いお客様が増えてお酒のある時間を愉しんでくれたら嬉しいな。

バーに行ってみたいな、と思っている方はぜひちょっと勇気を出して扉を開けてみてください。

きっと笑顔で迎えてくれるはずですから。

リーはいつもそんなお客様を待っています。

さて今日はどんなお客様が扉を開けてくれるのか。笑顔でお迎えしますよ。

皆様のお越し楽しみにお待ちしております。



ランキングに参加してま~す。
こちらをクリックよろしく!
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-13 15:51 | 独り言
新たに入荷した芋焼酎を紹介しましょう。

蔵が初の試みとして出したのでほとんど飲むことが出来ないのではないでしょうか。

一本入荷して、気に入ったのでもう一本追加しました。

e0139318_1411236.jpg蒸留直後 出来たて とちあかね
  白相酒造(栃木・那須郡 Alc38%)


珍しい栃木県で醸される芋焼酎。さらに蒸留直後をそのまま瓶詰め。

普通は蔵の人しか飲めないような味わいを特別に詰めてくれました。

その名の通り、蒸留直後・出来たてを瓶詰めしたものなので醗酵時に発生するガスの香りもそのまま瓶詰め。何も知らずに飲んだらその臭さに驚きすら覚えるはず。

e0139318_14251344.jpg


そのパワフルな香りは他の追随を許さない。しかし、ひと口飲めば香りとは裏腹の味わい。

さつまいもの味わいを覆う米麹の味わい。複雑かつ繊細、そしてズッシリとヘビー。

何杯も飲め、と言われれば困るかもしれないが一杯味わうにはかなり面白い味わい。

出来たての焼酎はこんな味がするんだぁ、というものをお分かりいただけると思う。

e0139318_14252413.jpg


私ならばお湯割りをオススメします。

よくお客様から「芋臭ーいヤツちょうだい」と言われますがそんな方にもオススメです。

さぁ、蔵でしか飲めないような味わい。

蔵の人になった気分で飲んでみませんか?

本日も皆様のお越しお待ちしております。

最後までお読みありがとうございます。

ランキングに参加していますので
コチラをクリックよろしく!
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-11-12 14:30 | 芋焼酎