ブログトップ

はい!「リー」でございます~名古屋・栄の焼酎バーから~

imolis.exblog.jp

Barでの出来事、バーマンの気持ち、お酒の紹介など・・・

<   2009年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

焼酎バー リー (モバイル) 美酒欄#090

 『日向あくがれ 大地の夢』 

e0139318_13513621.jpg富乃露酒造の焼酎ひとつ紹介するの忘れてました。

レギュラー版は原料となるさつま芋は”黄金千貫(コガネセンガン)ですが、コチラは新しく開発されたさつま芋”大地の夢”を使用してます。そして黒麹仕込みでアルコール度数は28度。通常の25度ではなく敢えて28度にしてあるのはこの焼酎の特性を生かすため。

香りは甘くフルーティーさを感じさせますが、口に含むとまず黒麹のスモーキー&ビターを舌先に感じたあと、口の中いっぱいにこのさつま芋の甘みが広がります。麹とさつま芋の味わいがバランス良く、しかし渾然一体となって口の中に広がるもののキレがいいのでくどさを感じさせない。またどの飲み方をしても味が崩れることがない焼酎としての骨格の良さも魅力です。

最近の私のマイブームな焼酎です。(紹介するの忘れてましたが・・・、てっきり既に紹介していると思ってました

ランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
コチラをポチっとしていただけると嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-31 14:17 | 焼酎・泡盛
焼酎バー リー (モバイル) 美酒欄#089
e0139318_13132157.jpg  『紫美』 

そば焼酎で有名な雲海酒造出水工場(旧新屋酒造)から発売されていた芋焼酎です。現在は終売となっており市場には在りません。

紫尾山系の水と厳選された紫芋をかめ壷で丁寧に仕込んだ一本。その優しくまろやかな味わいで当時から人気があり、幻の焼酎として今でもマニアの方の間では高値で取引されています。

リーでも最後の一本となってしまいました。かつて人気のあったもはや味わうことのできない一杯。興味のある方は是非。

ランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
コチラをポチっとしていただけると嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-30 13:32 | 焼酎・泡盛
e0139318_1620745.jpg


以前からチーズの盛り合わせはあったのですが、5種盛り合わせか単品でオーダーという形を取っていました。お客さまからひとりで来たときに5種は多いし、単品だと物足りないし3種くらいだと丁度良いんだよね、というご指摘があったので新たにフードメニューに加えたのが

”チーズ3種盛り合わせ(バゲット・ドライフルーツ付)”

常時6~7種類のチーズを用意しています。

写真は昨日購入してきたもので、上から時計回りに

”ブルー・ド・ヴェルニュ”
フランス・オーベルニュ地方のチーズ。牛乳のクリーミーさと青カビの刺激的な風味。コクのある泡盛や高濃度樽熟成の麦焼酎と合いそうです。

”ミモレット エキストラ・ヴィエイユ”
フランスのハードタイプ。名前の語源はフランス語のミモレ(mi-mollet)から、半分軟らかという意味。他のハードタイプと比べ確かにやや軟らかめ。カラスミに似た深いコクのある味わいはどの焼酎、泡盛とも相性◎

”マンステール ロドルフ熟成”
こちらはフランス・アルザス地方のウォッシュタイプ。ウォッシュ特有の香りは強いですが食べるとミルクのコク深い甘みが美味。高名なチーズ熟成士ロドルフ氏が美味しく熟成させたマンステール。普段よりも奥深い味わいをお楽しみください。

今回、初めて知ったのがチーズ熟成士という職業。生産者が作ったチーズを美味しく熟成させる方がいるんですね。だったら私、泡盛熟成士になってみたいなんて考えてしまいました。泡盛は熟成の酒。でもただ寝かせれば良いというものではないんですよ。やはり飲み頃と言うものがありますし、寝かせ方の問題もあります。他にも様々な要因があるんですが、それを適切に行えば今以上に美味しく飲めるわけです。そうなったらより幸せな気分でお酒を楽しめるけど、難しいだろうし大変な労力だろうし・・・悩みます。

やはりここは蔵元が美味しい熟成酒を造ってくれることを祈りましょう。いまでも美味しい熟成酒はたくさんあるわけですし。(やはり私、ただの酒呑みですね

ランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
こちらをポチっとしてもらえるとうれしいです。
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-29 17:24 | おつまみ
このブログでも度々名前の出ている焼酎専門誌「焼酎楽園」。

その雑誌の連載企画に”テイスティングノート”というコーナーがある。去年1年間そのコーナーを当店オーナーが担当していたのだがどうやら今年も担当することに。そのテイスティング用の焼酎が送られてきた。今回は黒糖焼酎5種類。

e0139318_1424688.jpg


全てアルコール度数は30度。左から、

”浜千鳥乃詩”
”あまみ長雲”
”龍宮”
”天下一”
”稲乃露”

それぞれの焼酎を知っているのでラベルを見てテイスティングをするとどうしても先入観で判断してしまうので完全にブラインドで行います。まず5種類同時に、そして1種類ずつ吟味してテイスティング。ふたりで行い、意見をまとめる。これが結構大変な作業。当然営業前に行うので辛いものがあります。酔っ払うわけのにはいきませんので。生でロックで水割りでそしてお湯割りでとそれぞれテイスティングしていくので毎日やらなければいけない。昨日はテイスティングを始めた途端にお客さまがいらっしゃったのでほとんど出来ませんでした。

テイスティングの模様もお伝えしていこうかと思います。

ランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
コチラをポチっとしてもらえると嬉しいです。
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-28 14:50 | 焼酎バー リーにて
焼酎バー リー (モバイル) 美酒欄#086~088

4月の後半に予定している焼酎会(もうすぐ具体的な日程は決まると思います)、最後に紹介するのが鹿児島県の宮之城にある”小牧醸造”。

e0139318_14403056.jpg左から

 『鴨神楽』 

 『小牧』 

 『伊勢吉どん』 

現在、リーで取り扱ってるのがこの3種。

「鴨神楽」は、合鴨農法で育てた米を麹に使用しています。柔らかでキレの良さと米の甘みがふんわりとひろがるのが印象的な一杯。

「小牧」は久しぶりに飲みました。昔と印象が変わったような。もっと軽めの味わいと思っていましたが随分と味わいに重みが。ロックで少し氷が溶けてきた頃、呑み応えのある味わいが出てきます。

「伊勢吉どん」、ラベルのデザインが面白い。あまりにもベタ過ぎてちょっと棚に並べるのをためらってしまいます。下の目立たないところに置いてしまってます。ラベルが示すようにいい意味で肩の力の抜けた焼酎。呑み飽きしないまさに晩酌向けの味わい。気付いたら一本くらいすぐ飲めてしまいそうです。

3種同時に呑み比べてみると面白いです。同じ蔵で造っているのに味わいがこんなにも違うものか、とその違いに驚かされてしまいます。ぜひ呑み比べを・・・

ランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
こちらをポチっとしていただけると嬉しいです。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-27 15:03 | 焼酎・泡盛
3月は卒業の季節。街でも卒業式帰り姿の方をよく見かけます。リーにもそんなお客さまがこの時期来られます。大学生ではなく大学院生の方ですね。若いけどどこか落ち着いています。

卒業式といえば欠かせないのが花束。後輩の方からいただくんでしょう。みな一様にきれいな花束を持っています。男性の方はもらった時は嬉しいんでしょうけど後から処理に困ってしまうようです。特に一人暮らしをされている男性は。「キレイな花束ですね」と言うとだいたい「これどうしたらいいんでしょう?」と言われます。捨てるに捨てられないし、かと言って家に花瓶があるわけでもない。

皆、最後には「これ要ります?」と言われます。というわけで今回もいただいてしまいました。

e0139318_1419680.jpg


かなり豪華な花束。カウンターが華やかになりました。花束を提供してくれたお客さまも「僕が持って帰るよりもこうやって生かしてもらったほうがいいですね。」と仰ってくれました。記念に写メも撮っていかれました。

もうひとついただいた花束は店先に

e0139318_14235991.jpg


こちらは店の象徴「百合」が入っていました。珍しい薄緑色のカーネーションも。それにしても豪華です。
男ふたりで華も色気もないお店が華やかになりました。
提供してくれたお客さまに感謝です。ありがとうございました。

花を愛でながら一杯飲む。悪くないですね。
本日も皆様のお越しをお待ちいたしております。

ランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
こちらをポチっと
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-26 14:29 | 焼酎バー リーにて
焼酎バー リー (モバイル) 美酒欄#084&085

 『吉兆五穀』 

e0139318_14461886.jpg

ここのところ立て続けに紹介している宮崎県の富の露酒造の一風変わった焼酎。

麦・粟・稗・黍・大豆そして米を原料に、麹は麦で仕込んだ焼酎。

こんな焼酎は今まで見たことは無いですが、もしかしたら米が貴重だった昔はこんな焼酎が普通だったのかもしれません。

左が黒麹仕込みでアルコール度数37°、右は黄麹仕込みで33°。この辺のアルコール度数の違いは麹の違いから来るものなのだろうか?

白麹ではなく、黒と黄麹で造ったのも昔を意識してなのだろうか?

なにかと色々と謎を呼ぶ焼酎ではあります。

今度、焼酎の会で杜氏の高妻さんに聞いてみようかと思います。

プルーンのような酸味(若干黄麹仕込みのほうが酸味が強いです)とこの蔵の特徴のローストしたような味わい。他の焼酎には無い唯一無二の不思議な味わい。好みの分かれるところ。

個性を味わうという点ではかなり面白い焼酎です。意外と女性には受けるかもしれません。

ぜひ一度お試しを。

ランキングに参加してます。
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
    ↑
コチラをポチッと。応援よろしくお願いします。励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-25 15:10 | 焼酎・泡盛
Excite エキサイト : スポーツニュース

侍ジャパン2連覇。激闘を見事制しました。

やはり最後に決めたのはイチロー。役者が違います。

凄まじいほどの気迫と研ぎ澄まされた集中力。あの打席は鬼気迫るものがありました。

超一流だけが纏う他を凌駕するオーラ。天才と一言で言ってしまえばそれだけですがそれを超えた言葉にならないものが彼にはあるような気がします。

敬遠することもできたのに敢えて勝負を挑んだ韓国にも大きな拍手を送りたい。

素晴らしい試合でした。きっと語り継がれるような。

見事再び王者の座を奪った侍ジャパンおめでとう。

そして改めて素晴らしい試合をした日本、韓国の両国に盛大な拍手を!

ランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-24 15:21 | 独り言
Excite エキサイト : スポーツニュース

アメリカに9-4で快勝。侍ジャパンやりました。これで2大会連続で決勝進出。

こうなると日本の強さも世界に認知されるのでしょうね。

確かにまだ各国との意気込みが違うことを考慮しても日本の強さは本物。そして韓国も。これを機に各国も真の代表チームを結成してよりハイレベルな戦いを次回以降は期待したい。その中で日本がどれだけ戦えるのかも注目。まだまだWBCは世界的には認知度が低い。でもきっとサッカーのW杯だって最初はそうだったはず。徐々に認められてWBCに勝つことが栄誉あること、と誰もが思うような大会に育っていってもらいたいです、野球好きとしては。

そういった意味ではベースボール発祥の地アメリカでもメジャーリーガーを揃えたドミニカ、ベネズエラではなく、日本と韓国が決勝に進んだことは意義あること。この結果を踏まえてアメリカやドミニカのような強豪国にはもっとWBCに力を入れるようになって欲しいし、歴史はあるが本国ではマイナースポーツと位置づけられている国も今大会のオランダのように頑張ってもらいたい。そうすればもっともっと世界に野球が広まるきっかけになるのではないでしょうか。

焼酎もブームがきっかけで皆に飲まれるようになった。今や当たり前のお酒になっている。10年前には考えられなかったこと。

でも焼酎業界はこれからだと思うんです。ブームが落ち着いて造り手も売り手も試されている時だと。真の意味で焼酎がきちんと認知されるには焼酎に関わる人すべての姿勢にかかっていると思います。WBCと同じで改善していかなければいけない部分もあるし、まだまだ育つ余地も充分にある。そういった意味では楽しみではあるのですが。

とにかく明日の決勝が楽しみです。今大会2勝2敗同士で雌雄を決するには最高の舞台。
両国ともに最高のプレーを期待しましょう。

でも日本人なので侍ジャパンを応援してしまいますが・・・

ランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。励みになりますので。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-23 14:19 | 独り言

昼間は暖かい日が続きますね。

気付けば桜も咲いてすっかり春。

そりゃぁそうですよね、昨日は春分の日ですから。

毎年、年1回だけこの時期に出る芋焼酎が入荷しました。

焼酎バー リー (モバイル) 美酒欄#082

 『さつま寿 桜』 
e0139318_1447296.jpg鹿児島県の尾込商店が醸す黒麹仕込みの芋焼酎。

これが届くと春が来るなぁと思います。今年は暖かかったので一足早く春が来ましたが。

味を進化させるために試行錯誤しているんだろうな、と思います。

昨年のものより濾過をしてやや軽めの仕上がり。だがしっかりとしたコクを持っている。まだ若い状態は感じられるので開栓してもう少し寝かせておくと味わいが変わると思います。

少数入荷なので興味のある方はお早めに。

ランキングに参加してます。
下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
励みになりますので。
     ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-03-21 15:04 | 焼酎・泡盛