ブログトップ

はい!「リー」でございます~名古屋・栄の焼酎バーから~

imolis.exblog.jp

Barでの出来事、バーマンの気持ち、お酒の紹介など・・・

<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

焼酎バー リー (モバイル)  美酒欄#069

e0139318_1114871.jpg 鹿児島県・黄金酒造

 『初恋』 

およそ焼酎らしからぬ素敵なネーミング。


ちょっと造りのパターンが珍しい芋焼酎。いも麹造りと米麹造りをブレンド。

味わいはというと・・・

甘酸っぱかったり、ひたすら甘かったり、もしかしたらほろ苦かったり。

飲む人の”初恋の思い出”によって味わいは様々。

そんなことあるはず無い、嘘だ、とお思いの方、ぜひお試しあれ。

誰しも初恋の思い出があるはず。

若かりし頃の初恋の思い出に浸りながら飲む、たまにはそんな風に飲んでみてもいいんじゃないだろうか・・・
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みにになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-28 11:37 | 焼酎・泡盛
気付いたらこのブログを開設してから1年が経っていた。

最近ほんとに時が経つのが早い。

始めたものの何を書いてよいやら分からず適当なことを書いていた最初の頃、完全に仕事みたいな感じでやっていた。

とりあえず続けてます、書いてます感が徐々に漂い、内容もつまらないものに。自分でやっていても何のためにやっているのか自分自身でも段々分からなくなっていって更新が滞る日々。

そんなブログでも見てくれる方が居た。そしてこのブログを見て”リー”にやって来るお客さまも居た。

店をPRするために始めたが今は違う気持ちで日々更新している。

このブログを通じて”いろんなことを伝えたい”そんな気持ちが芽生えている。

つたない文章ながら見てくれている方々、ありがとうございます。

駄文ながらこれからもいろいろなことを綴っていくので、読んでいただければこれ幸いかと。

花粉症の症状が出てきて少しテンションがダウン気味ですが・・・

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-27 14:22 | 独り言
泡盛飲もう会で崎山酒造さんがこういうものも提供してくれました。

 『泡盛もろみ酢』(黒糖入り) 
e0139318_1122299.jpg泡盛を蒸留した後に出来る醪(モロミ)を搾って生まれる”もろみ酢”

美容に良いクエン酸を主体に18種のアミノ酸を含んでいます。女性の方にいいんじゃないでしょうか。

そんなに酸味がきつくないのでそのままでも飲めますが、もろみ酢6:水4くらいの割合で割るとちょうど飲みやすい感じになります。

これを泡盛と割っても美味しいですよ。健康的にお酒を飲む。一石二鳥、素晴らしいじゃないですか。

健康な体があって、はじめて美味しくお酒が飲める。酒飲みのみなさん、カラダは大事にしましょう。。。


にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-26 11:57 | 焼酎・泡盛
今回は泡盛飲もう会の翌日のお話。

司会をしてくれた富永さん、この日はリー近くの”丸栄”にて泡盛の店頭販売。

泡盛の会の参加者にも「明日は丸栄に居るから来てくださいね」と告知をしていたが。

店頭販売の時間は1時~3時。皆さんも買いに行くようなことを言っていたが果たして前の日の飲みっぷりからして何人かは確実に起き上がれない人もいるだろう。さて何人来るだろうか?

2時半ころに顔を出してみると・・・

ひとり居ました。その後も何人かポツポツとやってくる。でもみんなちょっと辛そうな顔。どうも昼まで起きれなかったらしい。

店頭販売の売場は気だるそうな酒飲みがウロウロ、丸栄さんに迷惑かけたような気が・・・

でも皆さん律儀です。ちゃんと一本ずつ泡盛を購入。メデタシメデタシ。

焼酎バー リー(モバイル) 美酒欄#068

e0139318_10502429.jpg沖縄本島那覇の神村酒造        「神村  古酒25°」 

今回はこの泡盛を店頭販売していました。愛知県限定で販売されている商品。

入門編として飲みやすくも味わいもあり、且つ本土の人が親しみやすい25°の泡盛を造って欲しいという名古屋の酒屋さんの思いから生まれた泡盛。

e0139318_1171992.jpgこの”神村”のラベルの文字を書いたのが実は富永麻子さん。

ちょっと分かりづらいかもしれないですけどうっすらと”麻”と印鑑のようなマークがあります。

富永さん本人いわく、「小さな自己主張」だそうです。

でも凄い字が上手です。感心してしまいました。





にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-25 13:56 | 焼酎・泡盛
3日連続で泡盛を飲もう会のレポ。

いよいよ皆さんお待ちかねの料理と共に泡盛を楽しむ時間。クイズや試飲で皆さん早くも打ち解けて、和気あいあいな雰囲気。

まずは軽いおつまみ。リーでも人気の高い”島ラッキョウ”と”高知のしば漬け”。これだけで何杯も泡盛がのめてしまう。

e0139318_1143265.jpg今回、この会のために沖縄から富永さんがお土産として持って来てくれたのが左の写真の

『アグー(琉球在来黒豚)と八丁味噌の肉まん』

沖縄のパン屋さんに名古屋から嫁いできた奥様が作った逸品。沖縄と愛知の特産コラボ。

中身の餡が八丁味噌味。そして何やら里芋らしきものが入っている。多分これは沖縄の田芋(ターンム)じゃないかな。聞いておけばよかった。(後日食べたのでそのときはどんな物か知らなかったんです)

美味しかったです。大きくてこれひとつでお腹いっぱいになるくらい。

e0139318_1255067.jpgそして今回とっても評判の良かったのが左の『ラフテー』(残しておいたものを後日賄いとして食べたときの画像です。実際にはもっとキレイに盛り付けてありました)。

オーナーがじっくりと時間をかけて作った逸品。オーナーの煮物はいつも旨い。どうやったらこんな味が出せるのだろう?と思ってしまう。私にはここまでの味はまだ出せません。ほんと旨い。

料理上手の奥様と、味にはうるさいKさん夫妻も絶賛してました。

余るだろう、というくらい出したのにキレイに無くなってました。

他にも”生ハムメロン”、”市田柿のバターサンド”etc.

最後はいつもの”そうめんのぺペロンチーノ”。相変わらずこれを食べだすと皆さん静かに。不思議と黙々と食べるんですよね。このぺペロンチーノは。

予定の3時間を過ぎ、皆さん良い感じに。ひとまずここで会は終了。

しばらく皆さん余韻に浸ったあと、ぽつぽつと帰路に。

リーに残って更に飲む方あり、千鳥足で夜の街に消えていく方あり、とにかく大盛況のうちに終わりました。

参加してくれたお客さま、毎回巧みな司会で会を盛り上げてくれる富永さん、そして貴重な泡盛を提供してくれた崎山酒造廠さん、ほんとにありがとうございました。

泡盛を飲もう会では新たな参加希望の方は大歓迎です。ぜひ参加してみたいと思った方は℡052-261-5333”本格焼酎バー リー”までご連絡ください。

焼酎バー リー(モバイル) 美酒欄#066&067

e0139318_12374495.jpg今回料理とともに楽しんでいただいた泡盛。

一般酒『松藤 30°』と『松藤 粗濾過44°』

左の”松藤 粗濾過44°”は44°という高アルコール度数を感じさせない柔らかさと深い味わいがあり人気がありました。

結局一升瓶で2本用意しておいたものの見事2本とも空に。皆さん見事な飲みっぷりでした。。。



にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-24 12:55 | 焼酎バー リーにて
昨日に続いて泡盛を飲もう会のレポ。

いつもは開始時間にはなかなか集まらないのに今回は皆さん早めに集合。どうやら待ちきれない様子。

今回も元泡盛の女王(ミス泡盛みたいなもので泡盛親善大使として活動します)で現在泡盛ルポライターとして活躍中の富永麻子さんが司会。

まずは恒例の泡盛の新古&度数当てクイズ。

3種類の泡盛を試飲して度数と新酒か古酒かを当てるクイズ。これが結構盛り上がる。皆さん必死。何度も3種類の香りを嗅いだり、飲んでみたり。

このクイズを当てるコツは飲まないこと。香りだけでしかも最初の直感を信じること。何度も香りを嗅いだり、飲んだりするとそれぞれの香りや味が混ざってしまってどんどん分からなくなる。大体皆さん最初の答えで合っているのに迷って答えを書き換える。

そして今回はちょっと意地悪を。人間の心理とは面白いもので新古当てと言われると必ず新酒が入ってると思うんですね。でも今回は全て古酒。

残念ながら今回は全問正解者はゼロ。ただ一問間違えただけの方がおふたり。見事景品をゲットしました。このお二方は今回が初参加。何度も参加している方は全滅。面白い結果となりました。いつも飲まずに香りと直感で当てたほうがいいと言ってるのに・・・

そしていよいよ”崎山酒造廠”の泡盛の登場!まずはそれぞれの泡盛の説明から。

焼酎バー リーモバイル) 美酒欄#61~#65

e0139318_13123582.jpgこの会のために崎山酒造廠が特別に提供してくれた2本。

左が『松藤 原酒44°』そして右が『松藤 3年古酒44°』

それぞれ4合瓶1本ずつしかないので少しずつ皆さんで分けて試飲。残念ながらどんな味わいなのか分かりません。気付いたら残っていたのは空になったボトルだけ。普通では飲めない貴重な泡盛なのに・・・

お客さまに感想を聞くと、飲み応えがあって美味しかったとのこと。やっぱり一口くらい飲みたかった・・・

そして更に3本。左から『舞天(ブーテン)35°』、『美ら光 25°』そして『赤の松藤』

e0139318_13391013.jpg”舞天”は10年古酒をブレンド。しっかりとした味わいにほんのり古酒の香りと風味。キレがよく最後の鼻に抜ける香りがとても心地よい。好きなタイプの泡盛です。

”美ら光”は泡盛ながら吟醸香がしてさっぱりとした甘みのすっきりタイプ。皆さんサラッと飲み干してましたね。これはかなり好評でこんなクレームが、「これだけしか無いの?まだあるでしょ?隠してるんじゃないの?あるなら出してよ!」

残念ながら一本しか無かったのでここは我慢していただくことに。結局、一本仕入れることを約束させられてしまいました。

この頃になるとチョロチョロと試飲だけでしっかり飲ませてもらえないので皆さんややギラギラ気味。開始から1時間経ってるににまだ本格的に飲んでない。旨い泡盛を前にお預けをくらってる感じですからね。仕方ないです。

そして”赤の松藤”。通常泡盛は泡盛酵母を使用するのだがこれは黒糖酵母を使用した珍しい泡盛。まだ飲んだことが無かったので飲むのを楽しみにしていたのだが・・・

飢えた酒飲みとは恐ろしい。あっという間にボトルは空に。また飲めなかった。。。

これで試飲は終了。やっと料理と共に泡盛を楽しむ時間の始まり。さぁどうなることやら・・・

またまた明日に続く。。。

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-23 14:05 | 焼酎バー リーにて
いろいろとスケジュールが合わず前回からかなり間が開いてしまって皆様から「今度はいつ?」、「まだ?」などと言われ続けてましたが、やっと昨日「泡盛を飲もう会」を無事開催できました。

毎回、ひとつの蔵にスポットを当て、そこの様々な泡盛を飲み比べて泡盛を知り、且つ楽しんでもらおうという趣旨のもと始まり、早や今回で5回目。

今回も大盛況。ほんと皆さん和気あいあいと飲んでましたね。

個人的な感想としては

”楽しんでくれて良かった。でも皆さん飲み過ぎじゃない?”

普段はそんなに飲まないでしょ、とツッコミを入れたくなるくらい。

用意した泡盛があっという間にみるみる減っていく。充分足りるだろうと思っていたけど途中から不安に・・・

でも、それだけ楽しく飲めてるってことなのでとっても良い事なんですよね。知らないもの同士がひとつのテーブルを囲む。でも同じお酒を飲めば知らないうちに簡単に打ち解けてしまう。これってお酒だから成せる技なんですよね。

素晴らしきお酒の魔力。やはりお酒って素敵な液体。

この会の模様をイッキに書き切るのはちょっと無理なので今週はこの会のレポと使用した泡盛の紹介を数回に分けてお届けしようかと思います。

明日へつづく・・・

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-22 12:31 | 焼酎バー リーにて
リーのすぐ近所で焼酎バーを営むママさん。

営業終了後に自分の店のお客さまを連れてよく来てくれる。

仕事しながら飲むのが面倒くさくなるとお客さんを連れ出して飲み歩くようだ。

このママさん、かなり天然が入っている。この前も来るなり突然、

「YAHOOちょうだい!!!YAHOO!水割りで!」

YAHOOの水割り???

全くもって意味が分からない???YAHOOの水割りとはいったい何???

こちらがキョトンとしていると

「あれ?リーさんってYAHOO置いてなかったっけ?」

ママさん、焼酎の棚を見回して「在るじゃん!それそれ。」と言っているが。

焼酎の棚にYAHOOが在る???

指さしている先を見てみると・・・

e0139318_11175170.jpgハイハイ在りました。確かにYAHOOが!って違うじゃん。

確かにYAHOOと読めるけどこれは野風(のふう)。自分の店で扱っていながら思いっきり名前間違えて覚えているとは・・・

恐るべき天然っぷり!完全に参りました。

この天真爛漫さにはホント感心させられる。羨ましい限り。その天然キャラが5年も店を続けてこれた秘訣なんだろうなぁ。本人は気付いてないんだろうけど・・・

焼酎バー リー( モバイル ) 美酒欄#060

芋焼酎「海童」が有名な鹿児島の蔵、濱田酒造の珍しいトウモロコシ焼酎『野風 35° 十年貯蔵』

麹にもトウモロコシを使い、100%トウモロコシのみで造った焼酎。言うなればジャパニーズ・バーボンといったところか。バーボンほど甘みがあるわけではないが、ほんのりとした甘みが心地よい。

ロックかちょっと水を落とす飲み方がオススメ。


にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますんで。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-21 11:54 | 焼酎バー リーにて
おかげ様で”本格焼酎バー リー”はオープンして今年で9年目を迎えます。

2001年の開業以来ほんと多くの素晴らしいお客さまに支えられてきました。

改めて振り返ってみると、当時はまだ焼酎を飲まれる方も少なく、焼酎バーという業態も無かった。

この焼酎をいかに多くの方に飲んでいただこうかと必死だったことを思い出す。

それから2,3年後に焼酎ブームが。今ではすっかり日常酒として定着した。

これからもリーでは焼酎専門のバーとして、より美味しく飲んでいただけるよう、そして芋焼酎の旨さに対抗できる泡盛の魅力を伝えていきたいと考えています。

一度飲んだだけではなかなかその魅力が伝わらない泡盛。2度、3度と飲んでいくとその魅力の一端が垣間見えてくる。その魅力は一度はまったら抜け出せなくなるほど。

その魅力をいかに伝えていくか?これからの課題です。

とかくキツイお酒、クセがあるお酒と思われている泡盛。全然そんなことは無いです。

日本が誇る蒸留酒。その魅力を知らないのは損ですよ・・・

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-20 12:23 | 小池オーナー
”無一物”という言葉がある。

これは禅の言葉で、一切の煩悩から離脱した境地を指す。

この言葉を冠した麦焼酎がある。これを飲んだからといって”無一物”になれることは無い。酒を欲し、飲むこと自体、完全なる煩悩なのだから。

よくお客さまとこんな会話になることがある。

「酒とタバコ、止めなければいけないとしたらどちらを止めるか?」

ほとんどの方の答えは「タバコ」、当然といえば当然かも。

酒は適量飲めば、身も心も癒してくれる百薬の長。タバコは百害あって一利なし。だが私自身は喫煙する。自分でも間違いなく体にいいことは何ひとつ無いと思ってはいるが意思が弱く止められない。

まぁ何にせよ、酒を愛してる限り”無一物”になることはないし、なりたいとも思わない。

No Alcohol No Life なのである。


焼酎バー リーモバイル) 美酒欄#058&059

e0139318_1310579.jpg樫樽に五年熟成させた芳醇な香りと優しく甘い口当たりは長期熟成ゆえ。

玄海灘に浮かぶ島、壱岐。壱岐焼酎協業組合の麦焼酎『無一物』、そして右が『無一物 原酒42°』

ちなみに壱岐は麦焼酎発祥の地とも言われている。伝統的に壱岐焼酎は大麦2/3、米麹1/3で醸される。この壱岐焼酎はW.T.Oのトリプス協定で国際的に保護すべき酒と認定されている。ウィスキーのスコッチやブランデーのコニャック、ワインのボルドーと同じように。

それほどの長い歴史と伝統を誇る壱岐焼酎。まだ日本のひとの多くがその存在を知らない。焼酎は世界に誇れる蒸留酒。素晴らしい伝統と文化がある。もっと広く知らしめる必要があるんじゃないだろうか・・・

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
ランキングに参加してます。
気に入っていただけたらクリックお願いします。
励みになりますので。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-02-19 13:35 | 焼酎・泡盛