ブログトップ

はい!「リー」でございます~名古屋・栄の焼酎バーから~

imolis.exblog.jp

Barでの出来事、バーマンの気持ち、お酒の紹介など・・・

カテゴリ:米焼酎( 4 )

e0139318_15393726.jpg


e0139318_15543298.jpg


立車屋(くるまや)

  天草酒造(熊本・天草市 Alc30%)

ラベルが全てを語ってくれています。説明不要のラベルで便利です。

米焼酎は飲みやすいものとのイメージを見事に裏切ってくれる輪郭のごつい米焼酎。知らずに飲んだら米焼酎と気づかない方も多いかも。重量感溢れる米の味わいが気に入ってます。

敬遠されることの多い米焼酎ですが美味いものはホント美味い。

真の米焼酎の旨みお試しください。

先日紹介した米焼酎「松鹿」好評につきもう一本追加しました。併せてお愉しみください。

松鹿と立車屋を飲んでから私、ちょっと米焼酎が気になってます。

もう一度米焼酎のラインナップ見直してみようかな。


本日はご覧下さりありがとうございました。

ひとつお願いが。ランキングに参加していま~す。
こちらをクリックしていただけると光栄です。励みにもなりますので。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン

幸せの第一歩は笑顔からと言います。
笑顔を忘れずいきましょ。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-05-05 15:51 | 米焼酎
今日の名古屋は朝から妙な空模様。晴れ間が出ていると思ったらゴロゴロ雷が鳴って雨が降ったと思ったらまた晴れ間が出てきたらまたゴロゴロ、でも雨は降らずまた晴れて今はひと雨きそうな曇り空。なんかはっきりしない天気。今からいろいろ買出しに行きたいのに。雨が降らないことを祈る。

今日は先週末仕入れたばかりの焼酎を紹介しましょう。

e0139318_15103376.jpg


米焼酎 松 鹿
   富乃露酒造店(宮崎・日向市 Alc20%)

富乃露酒造店のある東郷町にかつて存在した米焼酎「松鹿」

諸事情により消えていた米焼酎。それを元の声を受け復刻させたそう。

配達されたとき、チラッと見て「間違って日本酒が配達されてきた?」と思ってしまった。ネーミングと包装されていた紙の感じがなんとも日本酒っぽかたので。

富乃露酒造店といえば“日向 あくがれ”を醸す蔵。杜氏の高妻さんはいつも面白い味わいの焼酎を出してくる。だから開けるのが楽しみで仕方なかったのだが米焼酎はオススメしてもなかなか飲まれない。なぜなんだろう?原料に関係なく美味いものは美味いのに。

さんざんお客様にフラレたもののなんとか飲んでくれるお客様をGet!

「しっかり米の味するし、辛口だけど深みのある酒だね。」

うんうん、確かに。

ストレートで飲んでみたがこのまま燗したらより旨みを感じられそうだ。早速試してみよう。

ちなみにこの“復刻版 松鹿”1000本限定。

美味かったからなぁ。もう1本買おうかな。また在庫が増えそう……

米焼酎って飲みやすくて味わいが無いイメージがあるようだけど“松鹿”を飲めば「米焼酎も良いね」という方が増えると思うが。どうでしょう?


本日はご覧くださりありがとうございました。
ランキングに参加していま~す。
こちらをクリックしていただけると嬉しいです。励みにもなりますので。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン


幸せの第一歩は笑顔からと言います。
笑顔を忘れずにいきましょ。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-04-25 15:43 | 米焼酎
新たに入荷した焼酎を。

e0139318_15411727.jpg月夜にこい
 豊永酒造(熊本・球磨郡 Alc38%)

樽で長期貯蔵された米焼酎。ボトルの形状からしてウイスキーを意識して造られたのだろうか。

パッと見では、ジャパニーズウイスキーかと思うようなボトルのフォルムとラベルデザイン。

時間がないので今日はとりあえず入荷のお知らせということで。

続きはまた明日・・・



ランキングに参加してま~す。
こちらをクリックよろしく!
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2010-06-02 15:49 | 米焼酎
 焼酎を燗する時の代表的な酒器が黒じょか。


e0139318_11144748.jpg



鹿児島の伝統的な酒燗器“黒じょか”。漢字で“黒千代香”・“黒茶家”などと書いたりします。かつては囲炉裏の隅の灰でゆっくり温めていました。なので均等に温められるように現在の急須を潰したような形になったと言われています。また戦前に海外の万博に出品するときに面白いデザインのものをという発想から現在のような形になったとその形になった理由には諸説あります。


使い方としては前割した焼酎を燗するのに用います。またアルコール度数25°をそのまま燗する“直燗”(ちょっかん)という飲み方もあります。これは少々きついのであまりオススメしません。


しかしこの“直燗”を使った美味しい飲み方があります。その名も『燗・ザ・ロック』


まず焼酎をそのまま60℃くらいまで燗します。


氷をたっぷり入れたグラスに燗した焼酎を注ぎます。


これで出来上がり。


通常のオン・ザ・ロックとは別の味わい。飲み比べてみるとその違いは一目瞭然ならぬ一飲瞭然。


燗することによって焼酎の中で眠っていたいろんな成分が花開き華やかで膨らみのある香りや味わいが出てきます。氷も溶けてアルコール度数も自然と下がり口当たりもまろやかに。


あまり馴染みのない『燗・ザ・ロック』、その華やかなるあじわいをぜひ一度お試しあれ・・・



ランキングに参加してま~す。


にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

愛のワンクリックよろしく!
[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-08-21 13:34 | 米焼酎