ブログトップ

はい!「リー」でございます~名古屋・栄の焼酎バーから~

imolis.exblog.jp

Barでの出来事、バーマンの気持ち、お酒の紹介など・・・

カテゴリ:麦焼酎( 24 )

人気の麦焼酎の新酒が届きました。

今年造ったばかりの新酒を瓶詰め。香ばしい麦の香りが堪りません。

個人的にはレギュラー版よりもこちらの香ばしさが好みかな。


e0139318_13393231.jpg


新焼酎とレギュラー版を飲み比べてみると違いがよく分かるので面白いです。

3月も休みなく営業。皆様のご来店心よりお待ちしております。

[PR]
by shouchuubar-lis | 2013-03-04 13:45 | 麦焼酎

  夏の赤鹿毛(ナツノアカカゲ)

e0139318_15282599.jpg



可愛いラベルで女性の注目を浴びている。かなり焼酎らしからぬラベル。
ボトルも水色で涼しげ。味わいもさっぱりして喉ごしいい。

クラッシュアイスで満たしたグラスでいただくのがおすすめ。

夏限定焼酎「夏の赤鹿毛」キリッとお楽しみあれ。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2012-06-12 15:32 | 麦焼酎

  ふんわり涼やか 特蒸 泰明

e0139318_1403334.jpg


昨年も好評を博した麦焼酎。金魚が中で泳いでるかのようなボトルにアルコール度数19度と抑えた味わいが夏らしい。

ふんわり漂う麦の香ばしさが心地よい。

クラッシュアイスを詰めたグラスでキンと冷やして飲むのもまた良いかと。

季節限定焼酎、ぜひお楽しみあれ。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2012-06-06 14:04 | 麦焼酎

先週行ってきた九州蔵巡りツアー。今日は大分の藤居醸造編。


ちょうど行ったときは仕込みの最中。お忙しい中を案内していただきました。


まずは原料である麦を蒸している作業。


e0139318_14214815.jpg



木桶の蒸し器。下から蒸気を送ってかき混ぜながら蒸します。辺り一面に麦の良い香り。


e0139318_14262897.jpg



山盛りになった麦。まだ熱気をムンムン放っています。


e0139318_14235243.jpg



大きな木製のヘラで広げて冷ましている様子。完全なる手作業、手際良くかき混ぜては広げといった作業を繰り返す。その手際の良さは職人技。惚れ惚れしてしまいます。


e0139318_14281425.jpg



そしてこちらは麹室(こうじむろ)。麦に麹菌を生わせ麦麹を造る大切な場所。湿度がかなり高くサウナのよう。左の白い台で麹菌を生わせその後右側に見える小さな箱に移して麹菌を成長させる。ここも全て手作業。こんなムワっとしたところでの手作業で造られると思うと頭が下がります。


e0139318_14342088.jpg



またもや蒸留器を撮るの忘れた…上の画像は蒸留した気体を冷まして液体に戻す冷却槽。螺旋状の管を気体が通りながら冷まされて液体に変わります。でも冷却槽の中は初めて見た。


その後、ちょうど蒸留が始まったので見せてもらいましたが凄い勢いで液体が落ちてくる。最初の時点ではアルコール度数がかなり高く70度くらいって言ってたような。徐々にアルコール度数も落ちてくる勢いもおとなしくなるそう。


発酵中の1次モロミも見せてもらいましたが芋焼酎の米麹と麦麹とでは違いがあって新しい発見でした。当然のことながら2次モロミも違いが。聞いているのと実際に見るとでは大違いですね。良い経験になりました。


蔵をひと通り見終わった後は併設された売店でコーヒーを飲みながら談笑。奥様も紹介されましたがとっても良い奥様。麦焼酎「泰明」の冬バージョン「ほんのりお湯割り泰明」の味を最終決定したのは奥様の意見だった、なんて裏話も。他にも色々ここでは書けない裏話もたっぷり聞かせてもらいました。


e0139318_14582497.jpg



裏話を知りたい方は焼酎Barリーへ。こっそり教えちゃいます。


e0139318_14585514.jpg



藤居醸造さんを後にし、今度は久保酒蔵さんへ。


e0139318_151860.jpg



仕込みの作業も終わっていたし、麦焼酎ということで藤居さんのところとそれほど違いもないので画像は看板のみ。スイマセン。


というよりも久保さんとは焼酎とは違う話ばかりしていたような。


初の大分蔵巡り。おおいに収穫のあった旅でした。これでまた焼酎が好きになったな。


今回訪れた2つの麦焼酎蔵、「泰明」と「久保」どちらもイチオシです。
特にお湯割りは秀逸。ちょうど寒くなってきた今の時季オススメ。ぜひご賞味ください。



にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-11-29 15:08 | 麦焼酎

今日の名古屋は昨日のグズついた空模様が嘘のような気持ちの良い晴天。

それにしてもまだ昼間は11月を迎えるとは思えない陽気。

今日は新入荷した麦焼酎を紹介します。

大分の宇佐市で醸される麦焼酎“久保”

今回リリースされたのは全麹仕込みの特別バージョン。

e0139318_14325545.jpg


e0139318_14332991.jpg


「黄色の衝撃」が気になる。どんな感じなのでしょうか。

e0139318_14335393.jpg


こうやってラベルに色々書いてあると助かります。

説明不要の裏ラベル良いですねぇ。どの焼酎もこんなラベルだったら良いのに。僕がコメント付けなくていいので。

さぁ皆さん、全麹仕込み 久保黄色の衝撃っを受けてみてください。


にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-10-31 14:43 | 麦焼酎
日曜から続く好天。そして中日ドラゴンズのリーグ優勝。名古屋の街はさぞ盛り上がるかと思いきや別段普段と変わらない。まだCSもあるしね。

まずはドラゴンズファンの方々、おめでとうございます。そういえばりーでは野球の話で盛り上がることはあまり無いけど意外と熱~いドラゴンズファンって多いよなぁ。みんな普段物静かだけど心の中では熱い!普段出さない分、ちょっと語らせたら熱~く語るもの皆さん。

さて本題。新しく入荷した焼酎の紹介です。

e0139318_135329.jpg


   ほんのりお湯割り 特蒸 泰明

夏バージョンの【ふんわり涼やか】に続いて今回は冬バージョン【ほんのりお湯割り】。夏が軽やかにアルコール度数19°だったのに対し冬はちょっと度数を上げて22°になってます。当然、お湯割り仕様なんだろうなぁ。しかし、この微妙なアルコール度数設定の意図するところはなんなのか?

探ってみる必要アリですね。

今回もボトルの中に金魚が見える。しかも夏よりもデカイ金魚。夏から成長したってこと!?

合計4匹の金魚。いろいろな角度からお楽しみください。

e0139318_1322885.jpg


違う角度から

パシャ!

e0139318_13225730.jpg


もう一丁!

e0139318_13233032.jpg


冬らしく雪の結晶も描かれてます。

この【ほんのりお湯割り】かなりいい感じで濁ってる。これは旨味成分たっぷり残してる証。まだ温かいから見えないけれど寒くなったらこの旨味成分たちが冷え固まってボトルの中で雪のように舞うんだろうな。藤居さんはそこまで考えて濾過を粗くして旨味成分たっぷり残したんじゃないかな?うん、きっとそうに違いない。勝手な想像だけど・・・

試しに冷蔵庫に入れてみようか。きっとキレイにボトルの中で雪が舞うはずだから。

そういえば冷えた焼酎を熱々のお湯に注ぐ。そんなことしたことないなぁ。普通にお湯割り作るのと違いって出るのか?いやぁ面白そう、やってみる価値ありですね。早速やってみようっと。

「冬限定販売」ほんのりお湯割り 特蒸泰明


全量「中取り」「無濾過」
ちょっと贅沢な麦焼酎

もちろんお湯割りでいきましょう。(まだ僕は飲んでませんが…)

本日も6時オープン。皆様のお越し楽しみにお待ちしております。



にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-10-19 13:53 | 麦焼酎


e0139318_13493219.jpg


焼酎Barリーでも人気のある麦焼酎「泰明」・「舞香」・「トヨノカゼ」を醸す大分の藤居醸造さんから今年もカボスが届きました。

今年もたっぷり!

スーパーで見かけるカボスより少し大きめで緑濃くしっかりしたカボス。毎年そうだけど酸味と甘味があってしかも良い香りなんですよね、このカボス。

焼き魚にかけるとまたこれが旨いんだな。とはいえこれだけの量をウチの店では料理だけでは消費できないので今年もお酒に使います。

去年も好評だったカボストニック!今年も期間限定で提供しま~す。加えて今年はカボス酒を作ります。そうだな、ポン酢も作ろう!

それでも消費しきれないかも・・・

やっぱりフレッシュな状態で味わってもらいたいので欲しい方は言ってくださいね。お分けしますから。

あっ!酒屋にトニック注文するの忘れた・・・

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-09-09 14:03 | 麦焼酎
昨日の名古屋も暑かったが今日はさらに暑いですね。

久しぶりに入荷した焼酎を紹介しましょう。

蒸し暑い今の時期にピッタリの麦焼酎。

"ふんわり涼やか特蒸泰明

e0139318_1321682.jpg


19度というアルコール度数がミソ。ロックではキツ過ぎる、でも水割りでは薄過ぎるという方にピッタリな一本です。

冷蔵庫で冷やしてそのままでも美味しく飲めるし、氷1個浮かべてゆるりと飲むのもまた良し。そのまま燗しても良し。名前の通り「ふんわり」麦の香ばしさを楽しめます。

でも暑い夏は金魚の描かれたラベルを眺めながら飲んでひとときの涼を感じながら飲むのがいいでしょうね。夕涼みしながらというシチュエーションが最適かも。うちの店は外が見えないから夕涼みをしながらというわけにはいきませんが・・・

久しぶりにブログをUpしてみました。お客様からも「早く再開して」と強いご要望がありまして。そう言った言葉をいただけること自体とてもありがたいことです。毎日というわけにはいきませんがぼちぼちマイペースで更新していきますのでこれからもよろしくお願いいたします。

ランキングに参加していま~す。
こちらをクリックよろしくお願いします。励みになりますので。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-06-24 13:40 | 麦焼酎
今日の名古屋は不穏な空模様。郵便局行って銀行行ってそして買出しに3件行くまでに雨が降らないことを祈る。

さて、まずは告知。昨日も書きましたが今週の日曜日の13日、丸栄の催事「大鹿児島展」の特設焼酎バーに昼から夜まで私はいま~す。見かけた方は声かけてくださいね。坊主頭とベストが目印です。

本題の新入荷焼酎の紹介を。本日は大分からやって来た焼酎。大分と言えばもちろん麦焼酎。

e0139318_14385626.jpg


久保 黒麹
   久保酒蔵(大分・宇佐市 Alc.25%)

「久保」として初めてリリースされた白麹バージョンが渋いラベルであったのに対してこちらは焼酎にしては珍しいピンクのラベル。そういえば以前限定でだされた黄麹全麹バージョンも明るいオレンジのラベルだった。斬新なラベルがお好きなのかな。

ラベル以上に肝心の味わいのほうは・・・

黒麹で新しく作り上げたばかりにしてはとても良い酒質。円やかで静かに広がる麦の風味。変に刺激がなくて柔らか。とても優等生な麦焼酎だと思う。しかし、優等生ゆえの物足りなさもなくはない。もうちょっとだけやんちゃな面もあってもいいのかも。ただ先に書いたように間違いなく酒質は良いと思うし、高いポテンシャルは感じさせてくれる。だからこそ、これからどんな方向に花開いていくのか期待を持って見守っていきたい。そんな期待感を持たせてくれる麦焼酎です。

今の時点でもどこか惹きつけるものを持っている、だからこそ、これからどう変化していくのか追っかけてみたい。そのあたりはブレークする前の芸人やアイドルを追っかける感覚に似てるかも。

久保酒蔵の久保社長がまたこれとても人柄の良い方で。社長のより良い焼酎造りをしようという真摯な姿勢も「久保」という麦焼酎に期待感を持たせる一因なのかも。

麦焼酎「久保 黒麹」現時点でも十分美味しいです。でももうワンランク上にいけるポテンシャルを持ってるとも思う。まだまだ期待の持てる有望株「久保 黒麹」新人のうちに一度ご賞味あれ。


本日はご覧くださりありがとうございました。
最後にひとつお願いが。
ランキングに参加していま~す。
こちらをクリックしていただけると嬉しいです。励みになりますので。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
おかげさまで2位になりました。皆様に感謝です。
blogram投票ボタン
こちらも泡盛部門で2位。感謝感謝。

幸せの第一歩は笑顔から。
皆様に良い一日でありますように。
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-03-09 14:37 | 麦焼酎
2011年初の焼酎の紹介です。

昨年も紹介した柳田酒造の干支焼酎。2011年版がリリースされました。(実際には12月には出ていたんですが年明けまで温存していました。)

e0139318_13582381.jpg


辛卯(かのとう)
  柳田酒造(宮崎・都城市 Alc25%)

しっかりとしたコンセプト・想いのもと醸された麦焼酎。裏ラベルに書かれている文章を引用します。

 この干支焼酎は、年々の造りの成果を残していこうという発想から生まれました。農作物である原料の出来栄え、そして造り、気候など様々な環境の変化により、焼酎は年々表情を変えて醸されます。
 当蔵はこの干支焼酎を六十干支にならって六十年計画で進めており、今年で六作目を迎えました。
 昨年の干支焼酎「庚寅」で好評いただきました「平成宮崎酵母」を本年度も使用しました。この酵母は宮崎食品開発センターが五十五年ぶりに開発した新しい酵母です。一日の気温差が激しい都城の気候条件でも醗酵能力に優れている期待の新酵母です。甘みと柔らかいのど越しを持ちつつ後味のすっきりした酒質がご堪能いただけます。


柳田酒造の歴史・経験のもと、年々表情を変える進化する麦焼酎。そしてこれからの未来も美味しい麦焼酎を造り続ける意気込みを感じませんか。

柳田酒造の歴史を彩る干支焼酎。普段は麦焼酎を飲まない方もぜひ一度ご賞味ください。

幸せの第一歩は笑顔から。
皆様のお越し笑顔でお待ちしております。

お読みくださりありがとうございます。
最後にお願いが。
ランキングに参加してま~す。
こちらをクリックお願いします。
    ↓
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

blogram投票ボタン
[PR]
by shouchuubar-lis | 2011-01-07 14:16 | 麦焼酎