ブログトップ

はい!「リー」でございます~名古屋・栄の焼酎バーから~

imolis.exblog.jp

Barでの出来事、バーマンの気持ち、お酒の紹介など・・・

醇良 相良兵六

e0139318_14334014.jpg



醇良 相良兵六の入荷のお知らせはしたが、テイスティングをしていなかったので改めて飲んでみた感想を。


醇良 相良兵六 紅薩摩
      相良酒造(鹿児島・鹿児島市) Alc25%


e0139318_1594127.jpgおしとやかで女性的な感じの焼酎。冷やしても温めても香り、味わい共に穏やかで静か、紅芋を使っているので甘みは少々強いが全体的におとなしい。最後に紅芋特有の甘みが残るがここは好き嫌いが分かれるところだろう。女性好みの味わいと思う。


続いてもう一本。


醇良 相良兵六 栗黄金
     相良酒造(鹿児島・鹿児島市) Alc25%


e0139318_15163061.jpgちょっと異質な甘み。よくある芋焼酎よりもふわっとしている感じがする。ロック・水割りで飲むと洋菓子のような甘みが。栗黄金というさつまいもを使っているせいか、なんだかモンブランを思い出した。ところがお湯割りにすると香りはやはり洋菓子を思わせるのだが飲むとさつまいもだな、と思わせてくれる。普通は逆なのだがこの焼酎はお湯割りにしたときのほうがやや直線的な味わいになる。と言っても決してキツイ感じはなく優しくふわふわした直線。笑みを湛えてはいるが芯の強い女性といったところか。


相良兵六シリーズ全体を通して思ったのが、「余韻」。喉越しよくスパッとキレるというよりもふんわりとした余韻を残していく。ゆっくり飲んでいるとその余韻のせいでもう一杯飲もうかな、と思ってしまう。なんだか知れないけれどもう一杯もう一杯と言ってしまう魔性の女、いや魔性の焼酎なのかも・・・


皆さんはどう思います?



ランキングに参加してま~す。
ワンクリックよろしく!
にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ

[PR]
by shouchuubar-lis | 2009-10-28 15:34 | 芋焼酎